贯通日本百科——日本相关信息的中日对照资料库! >>所属分类 >> 植物   

黑松

标签: 黑松 クロマツ

顶[0] 发表评论(0) 编辑词条

123

クロマツ(学名Pinus thunbergii、シノニムP. thunbergiana)は、日本と韓国の海岸に自生す

るマツ属の一種である。別名「雄松(オマツ)」。
黑松(学名Pinus thunbergii,同义语P. thunbergiana)自然生长在日本和韩国海岸上的一种

松树。别名“雄松”。

特徴
特征

樹高は、40mに達することもあるが、自然の状態では滅多にそこまでは成長しない。記録的な

高さのクロマツとしては、「春日神社の松」(島根県隠岐郡布施村(現·隠岐の島町))の

66m、「緩木神社の松」(大分県竹田市。国指定天然記念物)の60m、「大日松」(茨城県大宮

村(現·龍ケ崎市))の55mなどがあったが、いずれも現存しない。
树高有时能够达到40m,在自然状态下很少有长到那么高的。作为纪录高度的黑松有“春日神社

之松”(岛根县隐岐郡布施村(现·隐岐岛町))66m,“缓木神社之松”(大分县竹田市。国

家制定天然纪念物)60m,“大日松”(茨城县大宫村(现·龙崎市))55m等,但是上述都已经

不存在了。

213


針葉は二葉で、7~12cmの長さで幅が1.5~2mm。球果は4~7cmの長さである。樹皮は灰黒色で

厚く、亀甲状に割れ目が入りはがれる。
一针二叶,7~12cm长,宽1.5~2cm。松球4~7cm长。树皮呈灰黑色,较厚,有龟背状裂纹。

アカマツと比較して黒っぽい樹皮をしており、名前はこれによる。針葉もアカマツより硬く、

枝振りも太いことから、別名「雄松(オマツ)」とも呼ばれる。一方、アカマツは「雌松(メ

マツ)」と呼ばれる。クロマツとアカマツの交じっている林では稀に雑種(アイグロマツ)が

生じる。
和红松相比树皮较黑,名字也由此而来。针叶也比红松硬,树也比较粗,因此也被称为“雄松”

。另外红松也被称为“雌松”。在黑松和红松相交的林木种生长着稀有的杂种(间黑松)。


123

分布と生育環境
分布和生存环境

日本では本州四国九州に分布し、国外では朝鮮南部の島嶼から知られる。海岸の岩の上か

ら砂浜海岸に広く見られ、特に砂浜のクロマツ林は白砂青松と呼ばれて景観として重視された

。ただし、遷移の上では、砂地のクロマツ林は次第にタブ林などに置き換わるものと考えられ

ている。クロマツ林は人為的管理によって維持されてきた面がある。クロマツの大木は往々に

して岩礁海岸の岩頭にある。
在日本分布在本州、四国、九州,在国外分布于朝鲜南部的岛屿。从海岸的岩石上能够看到沙浜

海岸上有着广泛林木,特别是沙浜的黑松林作为白沙轻松景点而被重视。但是在变迁中渐渐被其

他树林取代了。黑松林由于认为管理得以维持。黑松的大树往往树立于岩礁海岸的岩头。

日本では海岸線への植樹が古くから行われ、本来の植生や分布はよくわからなくなっている。
在日本自古就有沿海岸线植树的活动,真正植被分布不是很明确。


利用
汚染と塩害に強いために、街路樹や防潮林に使われる。いわゆる浜にある松原はクロマツで構

成される。また、一般的な園芸用樹種であり、古来から盆栽用の樹種としても使われている。
利用街树和防潮林来减少污染和盐害的强化。位于所有海滨的松原都是由黑松构成的。此外也是

一般的园艺用树,自古来也作为盆栽树种来使用。

附件列表


→如果您认为本词条还有待完善,请 编辑词条

上一篇关西学院大学 下一篇手工艺师

词条内容仅供参考,如果您需要解决具体问题
(尤其在法律、医学等领域),建议您咨询相关领域专业人士。
0

收藏到:  

词条信息