贯通日本百科——日本相关信息的中日对照资料库! >>所属分类 >> 风俗   

盆舞

标签: 盆踊り 盆舞

顶[0] 发表评论(0) 编辑词条
盆踊り盆踊り
盆踊り(ぼんおどり)は、盆の時期の夜間に集団で行なわれる踊りの一種。
盆舞是盂兰盆节的时候,在夜间跳的一种集体舞。

広場の中央にやぐらを立て、やぐらの上で音頭とりが音頭を歌い、参加者はその周囲を回りながら音頭にあわせて踊る形式が一般的である。念仏踊りが起源といわれる。
一般的形式为,在广场中央木料搭起大塔,领唱在塔上唱歌,,参与者聚集在其周围,配合着主唱翩翩起舞。据说源诵佛舞。

俳句では秋の季語である。(夏の季語という誤解があるが、暦の上では既に立秋を過ぎてから行われるものであり、「夏」ではなく「秋」である。)夏休みの間の大きなイベントの一つである。かつては夜通し行われることが多かったが、近年は深夜まで行われることは少なくなっている。
盆舞在俳句中是秋天的季语,(虽然也有误解认为是夏天的季语,但在黄历上看,已过立秋。所以不是“夏”而是“秋”)也是暑假中的大型活动之一。以前多是通宵跳盆舞的,近年很少有活动到深夜的了。

盆踊り盆踊り
盆踊りの伴奏音楽としては多く音頭が奏される。昔ながらの、生太鼓、生三味線、生音頭取りで踊るところもある。三味線に代わり、エレキベースやリズムボックスを使用することもある。近年は音頭とりや囃し方が少なくなったため、録音された音頭を電気的に再生しておこなうことが多くなっている。地方によって独特の音頭と踊り方がある。
盆舞的伴奏音乐有很多种曲调。过去常用当地原汁原味的太鼓、三味线、随着领唱者引领跳舞。也有地方用电贝斯和古典吉他来代替三味线演奏。近年,由于领唱者和伴奏者的减少,采用录音再现原有曲调的情况变多了。各地有各地独特的曲风和舞姿。
衣装
伝統的には、やぐらの上の太鼓方、音頭取りならびに踊り子は浴衣を着用することが多いが、一般参加者はカジュアルな平服でも良い。踊り子が同じグループである場合、揃いの浴衣を着ることが多い。また女性の場合、団扇を背中の帯に差し込んでおくこともある。男性は、鉢巻をし、腰に印籠をぶら下げて踊ることもある。地方によっては、狐などの仮面をつけて踊る場合や、舞台化粧並の厚化粧をして華やかな衣装で踊る場合がある。
盆踊り盆踊り
着装
比较传统的穿着是,塔台上的太鼓演奏者,领唱还有舞者通常是穿夏季的和服单衣的,而一般的参与者则较随便,穿便衣即可。同一团体的舞者,通常会统一着装。女士会在腰间和服的带子中插上一把团扇,男士舞蹈时,会扎头带,腰间会垂下挂有饰品的衣带。根据地方上的习惯不同,有的地方跳舞时还会带狐狸的假面,着浓重的舞台装,穿华丽的服饰等。


盆踊りの起源
盆踊りとは元々は仏教行事である。平安時代、空也上人によって始められた念仏踊りが、盂蘭盆の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するための行事という意識になっていったようである。 室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになったといわれている。 現在も、初盆の供養を目的の盆踊りも地域によっては催されている。 太鼓と「口説き」と呼ばれる唄に合わせて踊る。口説きは、地区の伝統でもある。 昔は旧暦の7月15日に行われていた。故に盆踊りはいつも満月であった。
盆舞的起源
盆舞原是一种佛教仪式。平安时代,空也上人开创了念佛舞,并把它融合到盂兰盆的庆祝活动中,渐渐成为了迎接神灵,为死者做法事而开展的活动。到了室町时代初期,开始打着太鼓跳舞。现在,各地在第一次盂兰盆会,办法事的时候,还会跳盆舞。人们用太鼓和着“口说”的小调偏偏起舞。“口说调”也是独具地方传统特色的。过去,盂兰盆在旧历的7月15日这天举行,因此盆舞的时候总是满月。


盆踊り盆踊り
代表的な楽曲
炭坑節(たんこうぶし 福岡県民謡):全国各地で踊られている。鈴木正夫が歌ったものが多い。
東京音頭
大東京音頭
河内音頭(かわちおんど、大阪府)
江州音頭(ごうしゅうおんど、滋賀県ほか関西一円、東近江市発祥とされている)
北海盆唄(北海道)
子供盆踊り歌(北海道)
名古屋囃子(愛知県)
大名古屋音頭(愛知県)

代表乐曲
炭坑节(福冈县民谣):全国各地通用的,大多为铃木正夫演唱。
东京小调
大东京小调
河内曲调(大阪府)
江州曲调(围着滋贺县以外一圈的关西地区,发祥自东近江市)
北海盆调(北海道)
儿童盆舞歌(北海道)
名古屋小调(爱知县)
大名古屋小调(爱知县)

附件列表


→如果您认为本词条还有待完善,请 编辑词条

上一篇赏月 下一篇浮世绘

词条内容仅供参考,如果您需要解决具体问题
(尤其在法律、医学等领域),建议您咨询相关领域专业人士。
0

收藏到:  

词条信息

sai
sai
管理员
词条创建者 发短消息   

相关词条